節約方法の『アタリ』と『ハズレ』

 

巷の節約法を参考にしながら、日々趣味の旅行費を貯めるための節約生活!
実際にやってみると、「これは本当に効果あり!」「あんまり言うほど効果ないじゃん…」という節約方法の『アタリ』と『ハズレ』を感じるようになりました!
節約は個人に状況が違うので、『絶対にコレ!』っていう正解が存在しないこともあります。

 

でも、これまで節約をしてきてみて、本当に良かったと思う節約方法と、ダメだと思った生活方法について、個人的な感想を残しておきたいと思います!
これから節約生活を始めようと思っている人に、参考になればと思います♪


神経質になり過ぎないのが成功の秘訣!

 

私が節約生活の中で、一番重要だと思ったことは『神経質になり過ぎないこと』『目標を立てること』です!

 

完璧主義者が節約をしようとすると、ちょっとした数字のズレとか、見落とし等が許せなくなってきてしまい、ストレスが貯まって節約生活が荒んでしまう可能性があります。
私の友達でも、あんまりにも節約に神経質過ぎて、旦那さんやお子さんから不評を買って、節約に失敗した人がいます。

 

節約って我慢することが確かに多いのですが、あんまりにもケチケチと神経質にやり過ぎてしまうと、『家族の和』を乱すようになってしまいます。
やはり節約は、家族の幸せのためにやっている人が多いので、その大切な家族から批判が出る様な節約方法というのは、あんまり良くないと私は思います。

 

節約生活というのは、多少ズボラでもいいので、楽しくやる方が長続きします!
あんまりにも厳しい節制は、節約生活の失敗を招きかねません。

 

そして、節約生活でもう一つ大事な『目標設定』。
これは絶対に行いましょう!
目標がないと、モチベーションが上がらないうえに、「どこまで続けていけばいいの!?」と、ケチケチ生活に付き合わされる家族にとっても不安が残ります!

 

「借金返済が終わるまで!」とか「旅行費用が貯まるまで!」と、ある程度の目標があれば、一緒に生活している家族も、節約生活にいつまで協力すればいいのかわかるので安心感が生まれます。
一人暮らしの人の場合はいいですが、家族持ちの場合は、節約をするのに家族の協力が欠かせません!

 

光熱費の節約にしろ、自分はしっかりやっていても、一緒に住んでいる家族が適当だったら意味がなくなってしまうからです!
家族持ちの節約には、家族の協力が不可欠です!

 

一定の目標を設けた方が、間違いなく家族からの協力は得られやすくなりますので、節約生活をする時には、家族に節約をする明確な目標を伝えておきましょう!

 


更新履歴